アンチエイジング治療の流れ

血液検査に基づいた
食事療法、点滴、サプリメントでアンチエイジングを実感

治療の流れ

  • 1カウンセリング

    現在かかっている疾患や、抱えているお悩み、体の不調の内容をお聞かせください。

  • 2治療計画作成

    患者さまと一緒に、どのようなゴールを目指して治療をしていくかを決めていきます。

  • 3説明

    具体的な治療内容や料金などについて、わかりやすく説明します。ご不明点があれば、お気軽におたずねください。

  • 4同意

    説明内容を充分にご理解、ご納得頂きましたら、同意書にサインをして頂きます。

  • 5治療の日程調整

    具体的にいつから治療を開始するのかを決めます。

  • 6血液検査(G6PDテスト※ 高濃度ビタミンC点滴療法の場合)

    高濃度のビタミンC点滴療法の場合、点滴しても体に問題が起きないかどうかを事前に確認します。

  • 7治療開始

    治療計画に沿って、点滴を行ないます。

院内
なぜ「点滴」なの?
診察中
G6PDテストとは?
高濃度ビタミンC点滴を受ける前に必要な検査です
私たちの体内には、赤血球膜の酸化を防ぐ酵素「G6PD」がありますが、遺伝的にこの酵素が欠損している方がまれにいらっしゃいます。
G6PDがない方の場合、体内に高濃度ビタミンCを取り込むと、溶血発作を起こしてしまいます。そのため、事前にG6PDが体内で正常に作られているのかどうかを確認するのが「G6PDテスト」です。
心不全、腎不全、G6PD欠損症の方は、高濃度ビタミンC点滴を受けることができません。

お問い合わせはお気軽に

お悩みの方はお電話にてお問い合わせください

06-6709-2666